「オフィス」はどこにでも作れる!おすすめバーチャルオフィスツール6選

バーチャルオフィスツールって何?

リモートワークを導入するにあたって、真っ先に問題に上がるのが「コミュニケーション」です。これに特化して作られたのがバーチャルオフィスツール。従来はチャットやweb会議、データボックスなどそれぞれ別のサービスを利用する人が多かったと思いますが、バーチャルオフィスは、報告・連絡・相談・情報共有やweb会議、資料アーカイブなど全てを引き受けてくれる、言わば「web上に構築されたオフィス」となってくれるんです。

リモートワークがトレンドとなる昨今、いくつか本格的なツールが登場してきています。

バーチャルオフィスを使うメリット

限りなく「オフィス」に近い

離れた場所でそれぞれ働くリモートワーク。それぞれのスタイルを確立して自由に働ければそれも良しですが、リモートチームを長く運用するためには、お互いが「いつ」働いているか、「何を」しているかがわかる方が安心です。

バーチャルオフィスツールはweb上のオフィス。形のない事務所にそれぞれの場所から出勤(ログイン)し、会議をし、進捗を報告し合い、相談し合う場を構築してくれます。物理的に移動しないだけで、従来の「オフィス出勤」と同じ感覚で働くことができるので、実はそれほど違和感がないのです。

「孤独感」を解消できる

リモートワークになると多くの人が「寂しい」「孤独だ」と感じるようになります。その原因は「コミュニケーション不足」。目の前にいてすぐに話しかけられる存在がいないと、人は自然と発信しなくなり、孤独に閉じこもってしまいがちです。

バーチャルオフィスツールは、メンバーがログインしてそこに「居る」のがすぐに見えるようにビジュアル面にも工夫が凝らされています。なるべく饒舌に振舞う意識が必要ですが、孤独感の解消には大いに作用してくれるでしょう。

おすすめバーチャルオフィスツール4選

1.Remotty

株式会社ソニックガーデンが開発・提供する仮想オフィスツール。「離れていてもオフィスと同じコミュニケーション環境を実現。」というコンセプトの通り、web上に「オフィス」を構築し、リモートで働くメンバー同士が、物理的なオフィスにいるのと同じような感覚でコミュニケーションを取ることができるのが最大の特徴です。

Remotty公式サイトへ

2.Sococo

オフィスでも在宅でも「一緒に仕事」ができるコミュニケーションツール。テキストチャットや音声チャット、資料共有など一通りの機能を備えていますが、最大の特徴は、オフィスを模したビジュアル。オフィスを俯瞰して見ることができますので、「在席している」「会議に参加している」など一目瞭然です。

Sococo公式サイトへ

3.tandem

基本的にはweb会議ツールですが、画面が非常にコンパクトで、常時起動していても邪魔になりません。ログインしているチームメンバーの顔が、小さくデスクトップに表示されているようなビジュアルですので、「そこにいる」感覚で働くことができます。

チームメンバーが今なんのアプリやツールを使用して作業しているのかがわかるのも便利。共同編集可能なものは、アイコンからすぐに作業にかかれるところも魅力です。

tandem公式サイトへ

4.Remo

こちらもビジュアルに遊び心のある仕様のバーチャルオフィス。南の島のような海辺がテーマになっています。大小の部屋が合計10室用意されており、用途によって部屋の名前を変えたり、鍵をかけることも可能。入室時にノックする機能もありますので、チームによってマナーを構築することもできそうです。

メンバーは自由に自分の居場所を決めて、「在席中」「離席中」「取り込み中」の3つのステータスを表示。同じ部屋にいる人のwebカメラ画像が常にアイコンで表示されます(カメラ・音声共にOFFも可能)。

Remo公式サイトへ

5.roundz

こちらは常に「声で繋がる」バーチャルオフィスツール。目的別・個人・チームなど自由な定義で複数のルームを作成し、あらかじめキーボード上で割り当てたボタンを押しながら話すだけで、同じルームにいる人に話しかけることができます。

同じルームの人とは画面の共有も簡単。メンバーのキーボード使用状況やステータスから「忙しい時」を総合的に判断し、話しかけるタイミングを伺うこともできます。

roundz公式サイトへ

「オフィス」はどこにでも作れる。

雑談も打ち合わせも声を掛け合ってすぐにできるのが、物理オフィスの良いところ。しかしバーチャルオフィスツールの登場で、それをそっくりweb上に再現することが可能になりました。

相手が今在席しているのか、話しかけていいのかが可視化し、思っていることを自由に呟いたり、意見をしたり雑談をしたり。テキストで、音声で、映像ですぐにコミュニケーションを取ることができます。最初はちょっと抵抗があるかもしれません。でも1度使い始めれば、その快適さが、より自由な働き方へ導いてくれます。どのツールも無料トライアルなど用意されていますので、ぜひお試しくださいね。

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。