リモートワークとは

リモートワークの意味・定義【テレワークや在宅勤務との違い】

リモートワークとは

リモートワークとは会社のオフィスから離れた場所で働くことです。Remote(遠隔)+Work(働く)でRemote Work(リモートワーク)になります。自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、オフィス以外の場所で働くことを指す場合が多いです。

リモートワークという言葉の他にもテレワークや在宅勤務といった言葉がありますが、基本的には同じ意味で使われています。

新型コロナウィルスの感染拡大の防止策として多くの企業がリモートワークの導入を急速に進めており、今世界中で大きな注目を集めている働き方です。

リモートワークの種類【代表的な3種類】

一言にリモートワークといっても、自宅で働く場合や移動しながら働く場合など種類は様々です。ここでは代表的な3つのリモートワークの種類について解説します。

在宅勤務

その名の通り在宅で業務に携わるというスタイルの働き方です。事務所に通勤する必要がないので、一律の始業(退勤)時間に合わせることができない場合や、自宅が遠方で事務所に毎日出社することが困難であるという状況の労働者に有効で、育児や介護など家庭生活と仕事の間を柔軟に行き来しやすいという効果が期待されます。

自宅のインターネット環境の整備や必要な機器の購入が必須。オフィスと同じように仕事に集中できる環境作りが大切です。また、それにかかる費用を会社とどのように棲み分けるかも取り決めておく必要があります。

モバイルワーク

事務所から離れ、特に自宅を作業場と決めずに好きな場所で働くスタイルを指します。顧客先やカフェ、公園、移動しながらなど、場所にこだわらないのが特徴。「ノマドワーク」と同義と捉えて良いでしょう。

スマートフォンやポケットwi-fiなどのモバイル通信機器と、持ち運びしやすいノートPCやタブレットが必須となります。外部のインターネット環境を使用する場合や、機密情報を覗き見されてしまうなどのリスクも考えて、セキュリティに関する取り決めはより慎重に行うことも必要です。

施設利用勤務

自社が用意するサテライトオフィスやシェアオフィス、他社と共有するワークスペースなどで就業するスタイルです。

経理・総務・人事などの機能は本社に集約し、あくまで働ける環境だけを提供するという考え方。在宅勤務やモバイルワークのように、個人で必要な機器を揃える必要がなく、通勤負担の軽減や地域との連携などのメリットもあります。