リモートワークラボとは

継続的な関係でチームや会社に所属しながら、在宅勤務などオフィスに通勤しないで働くワークスタイルである「リモートワーク」。

「リモートワーク」によって場所と時間の制約から解放されることで、働き方や働く会社の選択肢が広がり、働きたい誰もが人生を諦めることなく自分らしく働ける社会を実現できるのではないか。

そんな目的地「自分らしく働ける社会」に向けて、皆で考えること、実際にチャレンジする取り組む人と企業を増やすこと、その一つの手段としての「リモートワーク」の認知度を向上すること、それらを目指した活動が「リモートワークラボ」です。

日本の社会問題を解決するアイデアとしてのリモートワーク

昨今、注目を集める「リモートワーク」も、今はまだ一部の企業でしか出来ていないのが現実です。先進的な企業や人たちが、少し奇異な目で、そして少し羨望の目で見られつつも、実験的にやっている、そんな状態です。果たして、それで良いのでしょうか。

もっと大きな視点で見ると、これからの日本は少子高齢化が進み、あと十数年もすれば人口構造のピラミッドがひっくり返ってしまうことは統計的に見ても明らかです。

下記の図は、総務省の出した「情報通信白書平成27年版」からの図表です。

情報通信白書平成27年版

労働力が減少する時代に向けて、企業としては人材の確保が課題になるのは間違いありません。これまでのように闇雲に働くよりも、より効率的な仕事の仕方が求められるし、これまで働けなかった潜在的な人材を発見しなければなりません。

この社会問題を解決する一つとなるのが「リモートワーク」ではないでしょうか。

これまで働きたくても場所や時間の制約で働けなかった人たちが、自分らしい生活を保ったまま、働くことができるようになるとしたら、とても素晴らしいことですし、人材を求める企業にとっても、嬉しいことではないでしょうか。

リモートワークという働き方について

昨今、様々な働き方が登場していますが、言葉にすると人によってイメージする働き方の実態が違うケースが多いです。では「リモートワーク」とは何の課題を解決するものか。それは、会社やチームに属して継続的に働く人たちの新しい働き方だと考えています。

会社を辞めて個人事業主となってしまえば、リモートワークができて当然です。今はクラウドソーシングというプラットフォームも誕生し、地方にいながらでも首都圏の仕事を請けることも可能となりました。しかし、あくまでフリーランスや副業としての仕事だけです。

分類するなら、以下のようになります。(「情報通信白書平成27年版」より)

テレワークの分類

ここでの「雇用型」のテレワークを増やしていくことが、これからの大きな課題だと考えています。私たちが「リモートワーク」と呼ぶのは、このテレワークの中の「雇用型」に分類される部分の話です。

誰もが個人事業主になれるとも、なりたいとも思わない人たちも多くいるし、日本の多くの働き手は、どこかの企業に属しているので、そうした人たちの新しい働き方について考えていかなければ、社会を変えることはできません。

私たちの考える「リモートワーク」とは、企業に勤める人たちの新しい働き方への切り口であるとし、そこにフォーカスをしています。

リモートワークラボの活動

企業にとっては、これから人口減少する時代において優れた労働力を確保するための解決策として、そして個人にとっては、介護や子育てのために働きたくても、自分の経験や能力を活かした仕事で働けない問題の解決策として、リモートワークは期待されています。

しかし、リモートワークは、いまだ一部の企業や個人での取り組みに過ぎないことも事実です。どうすれば、リモートワークが当たり前の社会になり、誰もが自分らしい働き方ができる社会が実現するのでしょうか。

私たちリモートワークラボでは、以下の活動に取り組んでいきます。

  • リモートワークが普通になっている企業の紹介(インタビュー&対談)
  • リモートワークに関する考察記事の執筆やニュースの紹介
  • リモートワークを切り口にしたイベントの開催(リモートワークジャーニー)
  • リモートワーク専用ツール「Remotty」のノウハウ紹介

私たちの思いとビジョン

現代を生きる大人にとって、仕事の時間、暮らしの時間、移動の時間、考える要素がたくさんあります。自分らしく生きたいと思っていても、バランスを考える中で、どうしても何かを我慢して働いている人も多くいます。

  • 本当はもっと家族との時間をとりたい。(でも仕事と通勤で毎日終わってしまう。)
  • 本当は遠隔地のあのプロジェクトに参加したい。(でも遠すぎて通えない。)
  • 本当は今の仕事を続けながら地方で暮らしたい。(でも地方からは通えない。)
  • 本当は好きな場所で好きな仕事をしたい。(でもフリーランスにはなりたくない。)

―その我満は、本当に我満しなければならないものでしょうか?

その我慢を強いる制約の一つが「場所」であり「時間」です。リモートワークが当たり前になれば、その問題が大きく解決します。好きな人と、好きな場所で、好きな時に働けるようになります。

リモートワークの普及によって多くの人が働き方の選択肢を増やし、場所で諦めることなく、楽しく仕事ができるようにしていきたいのです。

運営について

_L0A0784

倉貫 義人くらぬき よしひと

リモートワーク研究所所長

2011年より本格的にリモートワークを実践。全社員がリモートワークを実践している会社「株式会社ソニックガーデン」を経営している。リモートワークを前提としたマネジメントやリモートワークのためのノウハウを日夜研究、推進中。著書は『リモートチームでうまくいく』など。ブログhttp://kuranuki.sonicgarden.jp/

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。