先週の気になるリモートワーク関連ニュース(2020/5/12)

5月4日

話題の「社員PC監視ツール」がテレワークを骨抜きにしてしまう、根本的理由(ITmedia ビジネスオンライン#SHIFT)

リモートワークを本気で進めるなら、「監視」をやめ、「成果主義」を中心に考え方を変えるべきなようですね。

話題の「社員PC監視ツール」がテレワークを骨抜きにしてしまう、根本的理由

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワークを導入する企業が増えている。しかし、社員の働きぶりを直接見ることができないことから、導入企業の多くが悩んでいるのが、 「社員がサボっているのではないか?」 「仕事の進捗状況が把握できないのでは?」 「社員の顔が見えず、コミュニケーションが困難になるのではないか?」 といったテーマだ…

5月6日

テレワーク中にサボっていないか、日本企業が従業員を熱心に監視してしまう理由(ITmedia ビジネスオンライン)

日本と諸外国の労働市場や雇用慣行の違いや、日本企業でも成果主義を上手に活用している事例などを紹介。コロナ後、より良い企業づくりのためになる情報です。

テレワーク中にサボっていないか、日本企業が従業員を熱心に監視してしまう理由

新型コロナの感染拡大を受けて、企業での導入が増えるテレワーク。その一方で、部下の仕事を管理するための「監視ツール」ともいえるサービスが話題になった。…

通常勤務に戻ってもテレワーク実施したい「週1回以上」が半数 月1回以上は8割に(SalesZine ニュース)

三谷産業株式会社が各拠点に勤務する社員を対象に、恒常的なテレワーク(在宅勤務)状況に関するアンケートを実施、8割近くの社員(390人)から回答を得た結果をまとめ、発表しました。

通常勤務に戻ってもテレワーク実施したい「週1回以上」が半数 月1回以上は8割に[三谷産業調査]

三谷産業は、2019年2月よりテレワークを制度化、新型コロナウイルス感染拡大の抑制のため1月末よりテレワークを推奨し始め、現在では全社を挙げてテレワークに取り組んでいる。各拠点(東京、金沢、富山、福井...

5月7日

仕事のテレワーク化、「コロナで嫌々」でなく「当たり前」に変える秘訣(ITmedia ビジネスオンライン#SHIFT)

長引く非常事態宣言に。テレワークではできないと思っていた”当たり前”を見直し、テレワークを前提として、全ての仕事をどのようにしたらテレワークでできるのかという発想に切り替える必要がありそうです。

仕事のテレワーク化、「コロナで嫌々」でなく「当たり前」に変える秘訣

新型コロナウイルス対応は長引くことが想定され、長期的な共存を覚悟しなければならない。目下、政府や自治体が積極的なテレワーク実施を呼びかけているものの、期待されているほどテレワークが浸透していないのが実情である。…

心理学者が教える、昭和上司から「コロナ後のテレワーク継続」を勝ち取る交渉術3つ(プレジデントウーマン オンライン)

コロナ禍後もリモートワークを継続したい、という声も聞こえる昨今。会社へどう働きかけるのが効果的か、心理学者の内藤誼人さんが説得術を伝授してくれます。

心理学者が教える、昭和上司から「コロナ後のテレワーク継続」を勝ち取る交渉術3つ | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)

コロナ収束後にも、テレワークをつづけたい人が6割を超えるということが調査でわかりました。そこで、テレワークを今後もずっと維持していくための社内説得テクニックをお教えしたいと思います。社内説得で大切な…

5月8日

「リモートワーク」には4つの課題が!導入の進む今こそ確認しておきたいこと(HR NOTE)

リモートワークの基本をおさらい!導入・運用を円滑にするために、ここで1度確認しておきましょう。

「リモートワーク」には4つの課題が!導入の進む今こそ確認しておきたいこと

働き方改革を背景に、年々注目度が増しているリモートワーク。 最近では、新型コロナウイルスの感染拡大に対する対策の一環として、多くの企業がリモートワークを検討および導入していることと思います。…

5月9日

フェイスブックが在宅勤務を年末まで延長、テレワークが標準に(Forbes Japan)

フェイスブック社、2020年末までの期間、在宅勤務を選択できるようになるようですね。AmazonやSlackも同様の発表をしているそうです。

フェイスブックが在宅勤務を年末まで延長、テレワークが標準に

フェイスブックの社員らは2020年末までの期間、在宅勤務を選択できる見通しだ。5月7日のCNBCの報道によると、同社は米国の大手テック企業の中で最も長期間に渡るリモートワークのオプションを提供しようとしている。フェイスブックは7月6日に正式

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。