「今何使って仕事してる?」がすぐわかる!Tandemでバーチャルオフィスを作ろう

仮想オフィス/バーチャルオフィスとは?

web上にオフィスができれば、どこにいても働けるので便利です。

チャットやweb会議、データボックスなど、リモートワークに必要なツールはたくさんありますが、それらをひとつにまとめたものが「仮想オフィス」。バーチャルオフィスやクラウドオフィスなどとも呼ばれ、報告・連絡・相談・情報共有やweb会議、資料アーカイブなど全てを引き受けてくれる、言わば「web上に構築されたオフィス」となってくれるため、その便利さから着実に導入する企業が増えてきています。

リモートワークがトレンドの昨今は、国内外で次々と開発され、より便利に使いやすく、安価で提供されるものも多数存在するんですよ。

「今何してる?」が一目でわかるからTandemはとっても便利

Tandemはシンプルだけど高機能。
画像:Tandem公式サイトより

Tandemもこのバーチャルオフィスツールのひとつ。音声でのコミュニケーションが中心になりますので、繋ぎっぱなしにしていても邪魔にならないweb会議ツールと考えても良さそうです。他の仮想オフィスツールに比べて画面構成が非常にシンプル。しかし一目で「誰と誰が話しているか」「今どんなツールを使って作業しているのか」などがわかるので、オフィスでデスクを並べている時と同じように相手に声をかけるタイミングを見極めやすいのが便利なポイントです。

DropBoxやNetflixなど、大手企業での導入も多数。世界中で人気と注目を集めているんです。

Tandemの特徴

目的別にルームを作ることができる

プロジェクトごとでも、部署ごとでも、話題でも、チームの中では、目的ごとにweb会議を立ち上げることができます。そこに入室して作業するというスタイル。どこでどんな会話が繰り広げられているのか、ログインすればすぐにオフィスを一望できるようになっています。同じルームにいる人同士は画面共有や同時カメラも可能。資料を即座に共有しながら作業できるのも便利です。

チームメンバーが使っているアプリがわかる

使っているツールで、大体なんの仕事をしているのかわかりますよね。
画像:Tandem公式サイトより

バーチャルオフィスでよくある悩みが「相手に話しかけて良いタイミングがわからない」というもの。Tandemは、ステータスの表示はもちろん、今その人が使っているツールがわかるようになっていますので、誰が何をしているのか、画面を見るだけで想像することができます。共同編集が可能なものの場合は、表示されているアイコンから直接遷移ができますので、「わからないからちょっと見て!」というような突発的なコミュニケーションも可能なんです。120以上のツールと連携していますよ。

手軽にメンバーを呼び出せる

同じルームにいない人でも、ワンクリックで会話が可能。ルーム内で会議中に、外にいるメンバーをすぐに連れてくることもできるんです。スピード感のあるコミュニケーションが直感的に取れるところがTandem最大の魅力です。

動画で学べる使い方

Tandemには、公式Youtubeチャンネルが存在します。プロモーションやアップデート情報、詳細な使い方のアイディアなどわかりやすく動画で解説されています。

Tandem公式Youtubeチャンネルへ

Tandemの料金

料金体系もとってもシンプルです。

Tandemの料金プランは、14日間の無料トライアルと、月額$10(1アクティブユーザー毎)のプランのみ。非常にシンプルです。気軽にトライできそうですね。

Tandem公式サイトへ

この記事を書いた人

土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。