ついにオーストラリアに到着!旅するプログラマー カズさんの生存報告(2)

この企画では旅人プログラマー田中 一紀(通称カズさん)がオーストラリアで3ヶ月に渡って「旅」と「働く」を同時に行うワーケーションに挑戦します。現地からの生の声を日記形式でお伝えいたします。
この連載初めての方はこちらから

現在地

ケアンズに到着!

2018/12/05 オーストラリアに到着

無事にオーストラリアのケアンズに到着しました!到着が夜が明ける前だったため、空港の写真は撮れませんでした。今日泊まる宿のまわりをちょっと散歩してみましたが、ほんとに何もない感じです。(広すぎて車ないと厳しい…)

この店が近所で見つけた唯一の商店らしきところ…

飛行機の中では、運悪くトイレのそばのシートを選んでしまい、終始発生する「シューーー、シュゴゴゴッ」という音に悩まされ、ほとんど一睡もできずに過ごしてかなり寝不足気味。

明日、明後日は土日なので是非グレート・バリア・リーフを観に行ってみたい。

2018/12/10 新車レンタカーが1週間7ドル!?

こっちに来てからずっと雨続き。しかも豪雨…。どうやら雨季に突入してしまったようだ。ケアンズは緯度的に熱帯性気候で時期的に雨季に入るタイミングだそう。天気予報を調べても向こう1週間は雨続き。。

仕方がないのでグレート・バリア・リーフは断念して移動しようと思い、早速移動手段の車を探した。今回の相棒はこちらの車。

たぶん日本では発売していないと思われるパジェロスポーツという車。新車下ろしたてのこちらの車、なんと1週間のレンタルで料金総額が7ドル!

この激安のからくりは、レンタカーリロケーションのマッチングサービス。オーストラリアは国土が広いため、レンタカーのリロケーションの需要がかなりあり、指定した期日迄にこの車を指定した場所に乗って行ってくれるなら格安でお貸ししますよ、というのがレンタカー業者のスタンスで、それをネットで一般に募集するという仕組み。(運送業者に金払って移動してもらうなら格安で貸した方がコスト少なくね?ってこと)

今回はこちらのサービスを利用して予約。英語力が若干必要だけど、かなりお得。
https://www.transfercar.com.au/

この相棒を一週間かけてブリスベンに送り届けるというミッションを抱えながら移動!(もちろん本業の仕事はきちんとしないとw)

今のところNoカンガルー Noコアラ

2018/12/11 車での旅も快適!充実の設備

毎日夜明けから数時間移動を繰り返してようやく中間地点に到達。Clairviewという村にきている。今日は雨地帯からも抜け出して晴れ間が見える天気になってきた。

こんな感じの道をひたすら走ってブリスベンへ向かう。写真に写っているような2連結の超尺トレーラーがビュンビュン走っている。(動物衝突避けのガードがイカツくてカッコいい!)街と街を結ぶ道路はほとんど写真のような片側1車線の1本道で制限速度が100kmまで出せるので意外と距離を走れたりする。

今回1週間かけて車で移動しているが、オーストラリアでは車の旅がかなり一般的に行われているようで、旅のための施設がかなり充実している。

こんな感じで皆車中泊。ここはガソリンスタンドの一画なのだけど、ガソリンスタンドにはレストランとトイレ、シャワーがあって誰でも利用できるようになっている。(シャワー利用は$5)日本でいう道の駅みたいなものなのか。(ちなみに決められた場所意外で車中泊をしていると捕まるそう)

また、ロードサイドの公園には無料のBBQコンロが設置されていて誰でも自由に利用できるようになっている。

編集者の感想

車の旅は何かと大変そうですが、オーストラリアではいろんなサービス、施設が充実しているようで思ったよりもハードルは高くなさそうでビックリしました。でも海外で車運転するの怖いです…(笑) 次回はオーストラリアでのテント泊についてだそうです。ワイルドすぎる。
過去の記事はこちら

この記事を書いた人

野本 司

リモートワーク研究所研究員 大学時代にアメリカとスウェーデンでの留学を経験後、新卒で2017年4月に株式会社SonicGardenに入社。入社前のインターンシップから現在まで、ずっとリモートワークをしている。趣味の旅行を兼ねて国内外を飛び回りながら働く生活スタイルをしている。

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。