先週の気になるリモートワーク関連ニュース(2020/6/9)

6月1日(月)

freee、税理士の在宅勤務などリモートワークのグレーゾーンを解消(PR TIMES)

「リモートワークのモデル就業規則」。これは欲しい方かなりいらっしゃるのでは?

freee、税理士の在宅勤務などリモートワークのグレーゾーンを解消 :時事ドットコム

[freee]国税庁確認済の会計事務所向け「リモートワークのモデル就業規則」提供開始freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、会計事務所に勤める税理士や事務所スタッフの在宅勤務などのリモートワークを可能とする、会...

在宅勤務でシリコンヴァレーの労働力が分散、テック業界の「仕事のあり方」が変わろうとしている(WIRED)

物理的なオフィスのあり方、テック業界における仕事のあり方そのものを考えることは、これからの日本でも必要なことですね。

在宅勤務でシリコンヴァレーの労働力が分散、テック業界の「仕事のあり方」が変わろうとしている

パンデミックによって、多くのテック企業が在宅勤務を経験したシリコンヴァレー。外出禁止が明けたあとも、さまざまな理由からリモートワークを許可する会社が出てきている。そうした労働力の分散化は、オフィスのあり方だけでなく、テック業界やその仕事...

6月3日(水)

PCメーカー各社とマイクロソフト、中小企業のテレワーク応援プロジェクト発足 オンラインセミナーも開催(SalesZine)

「無料で使えるMicrosoft Teamsを提供」「中小企業のためのテレワークガイドも無料で提供」。セミナーの申し込みは6/17までだそうですよ。

PCメーカー各社とマイクロソフト、中小企業のテレワーク応援プロジェクト発足 オンラインセミナーも開催

これまでも生産性の向上や柔軟な働き方を叶えるためテレワークを中心とした「新しい働き方」が叫ばれてきたが、新型コロナウイルス感染拡大にともない、企業はますます働き方改革に取り組まざるを得ない状況となった...

テレワーク普及で企業の「スペース」はどうなる? 変わりゆく“空間の使い方”(ITメディアビジネスオンライン)

このコロナ禍で、「物理的なスペース」に対する考え方が変わりつつあります。「モノオク」の試みは面白いですね。

テレワーク普及で企業の「スペース」はどうなる? 変わりゆく“空間の使い方”

 新型コロナウイルスは、多くのビジネスパーソンの「働く風景」を一変させた。満員の通勤電車を避けるようになり、オフィス以外でも仕事ができることを実感した人も多いのではないだろうか。緊急事態宣言が解除され、日常を取り戻そうとしている現在も、働き方を元に戻すことはもうイメージできないかもしれない。…

6月4日(木)

「在宅勤務を標準に」ってどういうこと?(NHK NEWS WEB)

日立製作所が「在宅勤務を標準とした新しい働き方に転換する」という方針を打ち出して話題になっています。スタートアップ企業などと違って、大企業がこうした方針転換をするのは難しいようにも思えますが、実際、どんな取り組みなんでしょうか。

「在宅勤務を標準に」ってどういうこと?

緊急事態宣言の間は在宅のテレワークだったのに、解除されたら以前のように出勤することになっちゃった。在宅でも仕事はできるのに…。そんな風に思っている方も多いのでは?こうした中、日立製作所が「在宅勤務を標準とした新しい働き方に転換する」という方針を打ち出して話題になっています。…

話すタイミングや目線…オンライン会議を改善する小技(日本経済新聞)

最近見かける謎のweb会議仕草とかではなく、本当に役立つお話です。

話すタイミングや目線…オンライン会議を改善する小技

新型コロナウイルスの感染対策として在宅勤務とともに普及したオンライン会議。1カ所に集まる必要がないため、出社する人が増える今後も積極的に利用されそう。ただ、この数カ月で基本的な操作は覚えたものの、話

6月5日(金)

ゲーミングチェアが最適解? テレワークで腰が痛くなったので、“良い椅子”を試してみた
(PHILE WEB)

リモートワークの腰痛対策に「ゲーミングチェア」を使用したレポート。非常に詳細でわかりやすくレビューされており、思わずゲーミングチェアが欲しくなってしまいます。

ゲーミングチェアが最適解? テレワークで腰が痛くなったので、“良い椅子”を試してみた

ここ2ヶ月ほどで、これまでのワークスタイルから大きく変化することが求められた。その波は編集者として働く記者にも到達し、なんの準備もなくスタートしたテレワーク。 普段と違う環境にも段々と慣れてきたが、どうしても耐えられないものがある。椅子だ。自分の部屋にあるのはイームズチェア(もちろんジェネリック)であり、その購入理由はデザイン。座り心地など度外視だった。そんな椅子でずっと仕事をすることになり、腰もお尻もバッキバキだ。…

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。

リモートワーク導入 オンライン勉強会