【超・初心者向け】テレワークしたい!でも今更聞けない「物理的な」こと

「テレワークを導入しよう!」そう決意してリモートワークラボを訪れてくださる方がたくさんいらっしゃいます。毎度ありがとうございます。

「どんなツールを使えばいいのか?」「チームはどう連帯すればいいのか?」「効率の良い仕事方法は?」などなど皆様のテレワークに役立つ情報を日々更新できるよう勤めていますが、今回はそのもっと手前、物理的な装備についてお話したいと思います。

リモートワーク、始める前に必要な装備は?

ツールとかチームの意識とかもっとそれ以前の話をしたいと思います。
  1. パソコン
  2. インターネット回線
  3. マイク付きイヤホン

本当の本当に最低限はこの3つです。まずはこれを揃えて初めてリモートワーク導入のスタートラインに立てる、そう思ってください。

どんなパソコンを買えばいいの?

PCです。リモートワークするならPCは欠かせません。

ひとくちにパソコンと言ってもノートタイプとデスクトップタイプがありますね。その他にもメモリやOS、CPUまで目を向けると実に種類が豊富。テレワークをするために必要なパワーはどれくらいなのか、それも知っておきたいところです。

  1. カメラ付き
  2. メモリは8~16GB
  3. CPU:「Core i3 10100 BOX」or「Ryzen 3 3200G BOX」以上
  4. ストレージ:SSD 256GB以上

参考:価格.com 「CPUの選び方」

Excelやパワーポイントなど複数のソフトを使って仕事をしつつ、webツールやチャットツールを使用。ブラウザを使って調べ物をすることも…と考えると上記くらいのパワーを備えているのが無難。加えてリモートワークに欠かせないweb会議のために、カメラは必須です。付いていないモデルを選ぶなら、別売りのwebカメラを買うようにしてください。

電気屋さんでは実にたくさんのPCが売られています。ついつい価格を安く抑えたいなと考えてしまいますが、いざ仕事しようと思った時に、「やりたい作業にPCのパワーがついていかない!」「立ち上がりが遅い」「動きが鈍い」なんてことが発生してしまうと本末転倒です。ここは思い切って、上記のスペックを参考に選んでくださいね。

インターネット回線はどんなものがいいの?

インターネットを介してつながるわけですから、なるべくストレスの少ない速度の回線が必要ですね。

チームでテレワークするなら、必ず発生するイベントは「データのアップロード(ダウンロード)」と「web会議」。この作業にはやはり一定以上の回線速度が必要になります。

世の中のWEBサイトが平均して2~3MBほどと言われています。

難しいのですが、8Mbpsあると丁度1秒間に1MBの通信が可能という事ですので、下記で詳しく説明していますが、10~30MB程度あるとネット検索をした際にWEBページは1~2秒で快適に利用できますよ!

ノジマ電気:快適なインターネット回線速度は?目安や平均、速度テスト計測、遅い時の対処方法を解説!

これを踏まえて計算すると、80Mbps以上あるとかなり快適なようですね。

メールやSNSでのメッセージのやり取りは「1Mbps」あれば問題ありません。 WebサイトやSNSの閲覧に関しては、簡易的なページの場合は「1Mbps」程度で十分です。 ただ、画像が多いページになると1Mbpsでは物足りないので「10Mbps」は欲しいところ。動画視聴に必要な回線速度は画質によって異なります。 高画質な動画を快適に見たい人は「25Mbps」あると安心でしょう。

ノジマ電気:快適なインターネット回線速度は?目安や平均、速度テスト計測、遅い時の対処方法を解説!

インターネット回線の平均速度を「光回線」「ポケットWi-Fi」「ホームルーター」の回線タイプごとに比較した表がこちら。(「上り」はデータのアップロード、「下り」はデータのダウンロードを指します。動画やデータを見るためには「下り」のパワーが重視されます)

回線タイプ下り平均速度
上り平均速度
平均ping値
光回線下り:194.7Mbps
上り:168.2Mbps
27.2ms
ポケットWi-Fi下り:21.6Mbps
上り:7.1Mbps
86.0ms
ホームルーター下り:24.5Mbps
上り:4.3Mbps
66.5ms
(引用元:通信速度測定・比較サイト『みんなのネット回線速度』

自宅で快適にテレワークするなら、光回線を引いておくのが望ましいようですね。お値段は各社様々ですが、一般的には4000円〜6000円/月になります。自宅でのリモートワークを会社が推奨するなら、なるべくメンバー同士のネット環境に差が出ないように補助金や手当を出してあげることを考えても良さそうです。

まずは物理的なツールを揃えよう!

三種の神器が揃ったらリモートワークの海へ出発です!

頼れるPCとネット回線、通信用のマイク付きイヤホンが揃ったら、もうリモートワークはすぐそこに。チームの足並みが揃ったら、本格的に導入に乗り出してください。リモートワークラボなら、いつでもお手伝いいたしますのでぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。

リモートワークのための仮想オフィス「Remotty」