あなたの仕事、本当に通勤は必要?リモートワークのメリット4選

(最終更新 2018/08/03)

リモートワークを推し進める機運が盛り上がっていますが、興味もないし自分には関係ないと思っている方もいらっしゃいますよね。

そんな方たちにこそ、まずは今日ご紹介する記事を読んで頂きたい!リモートワークのメリットはたくさんありますが、その中でも多くの人に受け入れられるメリットを分かりやすく挙げてくれています。読み終わった後には、自分の人生にもリモートワークを導入したくなっているかもしれませんよ。

1.満員電車に乗らなくていい!

通勤電車

東京とか大阪みたいな大都市に住んでる人ならよく理解できるでしょうが、朝の通勤ラッシュは本当に辛い。でもリモートワークならそもそも家から出る必要がないので、通勤ラッシュとは無縁でいられる。

通勤時間帯の満員電車では、つり革を持っていなくていいとか(自分と誰かに挟まれ浮いている)、満員電車に耐えうる丈夫さが鞄の長所になるなど、その過酷さは経験しなければ信じられないほどです。リモートワークの大きなメリットのひとつは、やはり満員電車に乗らず仕事を始められることですね!

2.好きな場所に住める!

海辺

通勤が必要になると、どうしても住む場所が重要になってくる。
都心に近いほど家賃は高いし、郊外に住めば長時間の電車に耐えないといけない。

通勤する必要がないということは、会社の近くに住む必要がないということです。

本当は自然豊かな田舎で暮らしたいのに、仕事の関係で我慢して東京に住んでいた人も、望めば山沿いや海沿いの町で暮らせるようになります。休日の過ごし方も変わるでしょうし、人生そのものが大きく変化するでしょう。

お休みの日に徒歩で浜辺まで出かけ、犬や子供たちと遊ぶ自分の姿を想像すると、リモートワークを始めたくなりますね。

3.会社のオーナーにもメリットがある!

公園で仕事

通勤が無くなるということは、そもそもオフィスが要らないということだ。会社のオーナーとしては利益を生まないオフィスに払っていたお金を、ビジネスそのものに使えるのはメリットが高いはず。

社員が来ないオフィスは必要ないですよね。その分をお給料に回すことで、より優秀な人材を集めることもできるかもしれません。今は至るところにコワーキングスペースがありますし、直接会う必要があれば場所はいくらでも探せます。

まだカフェで作業してるの?コワーキングスペースのススメ

4.節約した時間で副業も!

a4

仕事を早急に済ませ節約した時間は、また別の仕事をする余裕も生む。そこではメインの仕事では得られないスキルや経験が得られ、より自分の価値を高めることだってできるし、本来からお金にならないので諦めていたような活動にも参加したり立ち上げたりできるようになる。

少なくとも通勤に使っていた時間が、自分のために使える自由な時間として新たに生まれます。そこで何を始めるか、考えるだけでワクワクしませんか?

後回しになっていた、仕事に関係しない語学の勉強をしたり、念入りに家事が出来たり、家の周りをジョギングしたり。もう少し時間があれば出来るのに、と考えている「何か」を始めることができるのです!

まとめ

いかがでしたか?私が個人的に感じているリモートワークの一番のメリットは、家庭での突発的な出来事で会社を休まなくてもいい、という点です。例えば、朝、小学生の子供が急に熱を出しても、「申し訳ないですが、今日お休みさせて下さい」と頼まずに済むのです。冷蔵庫が壊れても、平日なら比較的すぐに修理の人が来てくれますし、老犬の最後を看取ることもできるかもしれません。

日常的に通院が必要になった両親の送迎をしてから仕事にとりかかることも出来ますし、学校から帰った子供に「おかえり」を言い、習い事に送り出してからまた仕事の続きをすることもできます。家族揃って夕飯を食べることもできるでしょうし、夕飯の後に宿題をする子供と一緒に、仕事をすることだって出来ます。リモートワークは、自分に直接的なメリットがあるだけではなく、一緒に暮らす家族にとってもメリットはたくさんあるのです。

今回は4つだけ紹介しましたが、企業目線や子育て目線に立ってみると他にもメリットはたくさんあります。

リモートワークが与える子育てへのメリット8つ ~通勤が無ければ子育てはもっと楽になる~

リモートワークが企業に与える5つのメリット 通勤の無駄を省けばより良い人材が確保できる!

リモートワークラボでは、多くの企業がリモートワークという働き方を取り入れることで、働く人たちの人生がより充実しハッピーになることを願っています!

Remote Work Laboではリモートワークに関するご相談をお受けしております。
以下のボタンより、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。