「リモート飲み会」、もうやった?テレワーク中のコミュニケーションに最適

新型コロナウイルスの流行以降、今まで当たり前に行っていた外食や飲み会が、気軽にできなくなりました。しかし、全く人に会わずに、全くコミュニケーションを取らない状態が続いてしまうと、気が滅入ってしまいますよね。筆者もお酒が好きなので、ずっと飲み会が無いのは耐えられない…と思ってしまいます。
そこで、登場してきたのが「リモート飲み会」。

「直接会えない飲み会なんてつまらないのでは…」「自宅で飲み会なんて味気ない」、そう考えて敬遠してしまっている人もいるかもしれません。
ですが実は、オンラインでの飲み会は、「飲み会」のいいとこ取りなのです。
本記事では、リモート飲み会のコツや注意点などを解説していきます。

リモート飲み会とは?

nullリモート飲み会は、文字通り各自がzoomやLINEなどのツールを使い、オンラインで繋がって飲み会をするものです。

リアルな飲み会では、幹事を選出し、参加する人数を把握し、開催するお店を決めて予約し、場合によっては二次会の場所も確保し、清算をしなければなりません。リモート飲み会ではそれらは一切なし。あらかじめ決めた時間になったら、自宅のPCを任意の「飲み会URL」につなぐだけ。

ドタキャンや途中参加で精算に困ることもなく、お酒もおつまみも好きなものを選択することができます。リアルの飲み会だと、食事の取り分けやお酌が気になってしまってつい甲斐甲斐しく働いてしまうという人も、物理的に出来ないわけですから全てセルフサービス。もちろん清算もなし。二次会のお店を気にする必要もありません。飲み会として一番自由な形と言えます。

リモート飲み会におすすめのツール

1. zoom

普段はオンライン会議に使っている人が多いツール、zoom。
高画質・高音質で、動作も安定しており、リモート飲み会=「zoom飲み」と言われるくらい、リモート飲み会にはもってこいのツールです。

人数が多ければルームを分けて行ったり来たりしても良いですし、少なくなってくればひとつのルームに統合、というのもおすすめの応用です。チャットツールを使って、話題にのぼった動画や画像をシェアしながら話すのも楽しいですね。

2. LINE

現在、LINEアカウントを一つは持っている、という人がほとんどだと思います。そのため、LINEのグループ通話機能を使えば、前準備なしでリモート飲み会を楽しむことができます。

また、LINEには顔にエフェクトをかけたり、顔を隠しながら動きや表情だけわかるようにできる機能などが充実しています。
変顔で盛り上がったり、入浴後すっぴんだけど飲み会したい!という女性たちにとって最高の機能ですね。

リモート飲み会を成功させるコツとは?

1. 全員リモートでやる

null
一つ目は、全員がリモートで参加すること。「オン飲み」の失敗例で良くあるのが、リアルな飲み会の場にリモートで参加した場合です。

これはリモート会議の失敗例と同じで、リアルに顔を付き合わせているメンバーだけで盛り上がってしまう瞬間がどうしても出てきてしまうからです。音声的にも目の前にいる人間の声の方が聞き取りやすく、リアルとリモートで溝が深まってしまいます。これを防ぐために、例え数人のメンバーが同じ場所にいたとしても、機器は各自1台ずつを鉄則とするのをおすすめします。

2. 開始時間に工夫を

null
二つ目は、飲み会の時間設定を遅めにすること。普通の飲み会は食事を伴う時間に行われますが、家からリモートで繋ぐなら、家族との食事や子供の世話などが終わった時間がベストです。

一番リラックスできる時間ですし、家族に気兼ねする必要もありません。食事はすでに済ませているわけですから、軽いおつまみとお酒を用意するだけで非常に手軽。飲み会の隠れた難関である「帰り道」がありませんので、遅いスタートでちょっと飲み過ぎてしまっても、そのままお布団に入ってしまえばいいのです。終電を気にしたり、酔っ払って電車を寝過ごして家族に心配をかけたり、財布や携帯を紛失して次の日に慌てる心配もありませんね。

リモート飲み会の注意点

1. 終了時間を決めておく

先ほどお話しした「コツ」の内容と表裏一体ですが、「帰る必要がない」ということは、いくらでも夜遅くまでだらだらと続けられるということでもあります。
自分から抜けたり、会の終わりを告げたりするのはなかなかタイミングが難しかったりします。

また、家族がいたり、次の日早いメンバーもいる可能性がありますので、あらかじめ「11時まで」と決めたらその時間に強制終了するなど、運用を考えておくと良さそうですね。

2. プライバシーを守る

オンラインでの飲み会をするときは、当然その人の自宅なので、家の様子やみられたく無いものが見えてしまう可能性があります。

バーチャル背景機能や、顔面エフェクトを上手に使って、安心してリモート飲み会を楽しめるように準備しましょう。

ルールを守って、みんなが楽しいリモート飲み会を!

オンライン飲み会が広まりだしてから、まだわずかしか時間がたっていないので、どんな風に運用すべきかわからない、どうやったら楽しんでもらえるのかわからない、という段階の方が多いと思います。

それは、まだリモート飲み会をこなした数が少ないため、ある意味当たり前のことなのです。何度か開催しているうちに、自分たちに合ったツールや、新しい楽しみ方を発見できるかもしれません。

離れた場所にいる人と自由に飲み会ができるのは、とても楽しい体験です。現在では、物理的にどんなに離れていても、気軽にコミュニケーションが取れる、素晴らしいツールが揃っています。ぜひ活用して、みんなが楽しめるリモート飲み会を開催していけると良いですね。

Remote Work Laboではリモートワークに関するご相談をお受けしております。
以下のボタンより、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら
リモートワークのための仮想オフィス「Remotty」