動画制作クラウドソーシングの「Viibar」がヤフーと提携、7億円調達

(最終更新 2018/08/13)

株式会社Viibar(読み:ビーバー、本社:東京都品川区、代表取締役:上坂 優太、以下 Viibar社)は、ヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮坂 学、以下 Yahoo! JAPAN)と業務提携契約を締結しましたのでお知らせいたします。あわせて、Viibar社は、Yahoo! JAPANおよび既存投資家2社(株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズグリーベンチャーズ株式会社)の計3社に対し総額約7億円の第三者割当増資を実施します。

動画制作クラウド「Viibar」を手掛けるViibar社は、「動画 × ITで人々のコミュニケーションを豊かにする」ことを目指し、厳選されたプロクリエイターにクラウドでの革新的な制作環境を、クライアントには高品質でリーズナブルな動画クリエイティブを提供してきました。2015年5月現在、Viibarを活用している動画クリエイターは2,000人を超えており、順調に拡大を続けております。

急成長する動画広告市場において、Yahoo! JAPANとViibar社は広告主の多様なニーズに的確に対応し、動画を活用したマーケティングを支援するため、本契約締結に至りました。なお本目的を推進するため、Yahoo! JAPANの荒波 修氏(執行役員 マーケティングソリューションカンパニー長)がViibar社の社外取締役に就任します。

株式会社Viibar Webサイトより

リモートで、かつリーズナブルに動画の制作を依頼できるなんて、とても便利ですね!
ヤフーとの提携で、クリエイターの方にもチャンスが広がりますし、動画制作を学ぶのもいいかもしれません!

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。