セールスフォース・ドットコム、「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」に参画

(最終更新 2018/08/13)

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ* のCRMを提供する株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、総務省による地方創生に向けた「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」において、セールスフォース・ドットコムが和歌山県白浜町にて行う「白浜町におけるクラウドサービスを利活用した先進的テレワーク及び生活直結サービス構築・検証事業」が選出され、実証事業に参画することを発表しました。本実証事業は2015年7月から2016年3月末まで行われます。

セールスフォース・ドットコムは、クラウドサービスを有効活用した戦略的テレワーク拠点「Salesforce Village」を和歌山県白浜町に設置し、本社機能の一部を移転して業務を遂行する新しいテレワークモデルの効果検証を行います。Salesforce Villageにはセールスフォース・ドットコムのパートナー4社からも社員が移住または長期滞在しこの実証実験に参画します。

生活直結サービスは、白浜町における地域特性や地域ニーズを鑑み、移住者・地域住民および観光客が必要とする観光サービス、防災サービス、子育て関連などの行政情報提供サービス、地域課題解決とボランティアのマッチングサービスの4つのサービスを整備し、有効性と効果検証を行います。

これらのサービスはパートナーである株式会社ウフル、地元企業の株式会社エスアールアイ、株式会社サンブリッジ、株式会社日本技芸、株式会社ブイキューブ、ブレインハーツ株式会社とともに開発します。地域からの雇用、地元企業への人材育成、運用モデルの構築など、持続した活動ができる基盤づくりを支援するため、これらのプロジェクトは地域の団体、大学などの協力や、NECソリューションイノベータ株式会社もプロジェクト支援に加わっています。

生活直結サービスはテンプレート化し、他自治体への横展開を見据えたサービス提供モデルを構築します。拡張性および柔軟性の高いパブリック・クラウドサービスを活用しているため、自治体固有の要件が存在する場合においても簡易にカスタマイズでき、迅速なサービスの導入が可能です。セールスフォース・ドットコムでは本事業終了後、他の自治体や地域へ展開する取り組みも行なっていきます。

セールスフォース・ドットコムWebサイトより
http://www.salesforce.com/jp/company/news-press/press-releases/2015/07/150707.jsp

本社機能の一部を移転してリモートワークの有効性を実証するというこの試み。実際に業務に滞りなく、生活が向上することが認められていけば、これから日本各地で同じことが広がっていきますよね。住みたい場所に住み、やりたい仕事に熱中できる。リモートワークが作る未来に期待します!

千葉市が在宅勤務制度

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。