Skype for Businessとは?Skypeとの違いから使い方までを徹底解説!

  • B!0

スムーズなリモートワークの実現のために、様々なツールを使いこなす必要があります。

リモートワークラボでは、これまでにもいくつかおすすめのツールをご紹介していますが、今回注目するのは「Skype for Business」。人気トークアプリ「Skype」の法人向けサービスですが、果たしてどんなものなのでしょうか?

Skypeとの違い、具体的な導入方法などを解説します!

Skype for Businessとは?

Skype

「Skype for Business」は、マイクロソフト「Office 365」の法人向けサービスの一部として提供されているものです。
「Office 365」のBusiness Premiumプランに含まれていますが、単体でも月額で契約することができます。

Skype同様複数のメンバーで簡単に音声チャットやビデオ会議が行えるツールで、スマートフォンアプリも完備。あらかじめ発行されたURLをクリックするだけで、簡単にビデオ会議に参加することができます。

SkypeとSkype for Business、その違いは?

クエスチョンマーク

Skypeは基本的に個人向けの無料ツールで、同時に繋げるのは25人まで。しかしSkype for Businessは最大250人もの同時会議が可能です。また、内容の暗号化や管理者に寄る利用制限などセキュリティ機能も充実しているので、規模の大きな会社にはおすすめです。

画質も高く、コンテンツ共有もできるので、参加人数の多い会議にもスムーズに対応。オーディエンスを10000人規模まで拡大して1対多のブロードキャストを行うことも可能。他社から発売されているカメラやマイクなどの認定デバイスとの連携もできるので、様々な形のwebコミュニケーションに柔軟に対応することができます。

Skype Skype for Business
個人向け無料サービス 法人向け有料サービス
25ユーザーまで同時会議 250ユーザーまで同時会議
通信内容の暗号化
管理者側からの通信制限可
多要素認証でアカウント乗っ取り防止

こんな会社におすすめ!Skype for Business

オフィス

1.マイクロソフト「Office365」を標準で使用している

Office365の一部なので、その中のアプリと連携して使用することができます。

2.取引先からの電話連絡が多い

クラウドPBX(電話交換機)が利用できるプランを選択すれば、Skype for Businessに社内の電話を転送することができます。オフィスに取引先からかかってきた電話にもどこからでも応答することができます。

3.セキュリティが気になる

管理者側からの利用制限、コミュニケーション内容の暗号化など徹底した情報管理が可能です。

4.大規模な会議やセミナーをオンラインで行いたい

Web会議は最大250人まで。オーディエンス10000人までのブロードキャスト機能も。

導入してみよう!Skype for Business

1.Office365を導入する

無料トライアルから始める場合は、下記の記事をご参照ください。
https://www.cloudsolution.jp/office365/blog/office365-trial

2.Office365「business」を使用している場合は「premiun」へアップグレードする

Skype for Business

Skype for Businessがインストールできるようになります。

使ってみよう!Skype for Business

1.会議を設定する。

Skype for Business会議URLを発行して、任意の手段で会議メンバーに渡します。この場合、相手がSkype(無料版)でも通話することができます。

グループ内にいるメンバーには、直接Skype forBusinessから通話を投げかけることができます。

2.オーディオデバイスなど設定を確認/変更する

Skype for Business入出力、カメラなどオーディオデバイスは自由に設定変更することができます。

3.テキストチャットを使用する。

Skype for Business吹き出しアイコンがテキストチャットです。

4.画面共有をする。

Skype for BusinessPowerpointなどOffice365関連は簡単に連携することができます。

5.電話をかける

Skype for Businessキーパッドから電話をかけることもできます。

大きな会社には特におすすめ!Skype for Business

画質も高く、大人数の会議にも対応できるSkype for Businessは、セキュリティにも信頼性がありますので、規模の大きな会社には特におすすめです。基本的にはSkypeの発展版なので、馴染みやすい人も多いのではないでしょうか?

カスタマーサポートも専任の担当者がきっちり応答してくれますので、質問しやすく、導入に困ったことが発生しても頼りになります。

コミュニケーションツールに迷う方は、ぜひお試しを!

他のツールの記事もチェックしてみてください。

おすすめweb会議ツール「appear.in」使い方入門

おすすめweb会議ツール「Zoom」使い方入門

Remote Work Laboではリモートワークに関するご相談をお受けしております。
以下のボタンより、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら
 

  • B!0

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。