女性プロマネがリモートワークしながらヨーロッパ周遊に挑戦 ドイツ編

GutenTag!(ドイツ語で「こんにちは!」)

現在「海外リモートワークプロジェクト」というプロジェクトでヨーロッパを周遊中のみくです。4カ国目のドイツにやってきました!(フランス→ベルギー→オランダ→ドイツ)

海外リモートワークプロジェクトについては、最初の滞在国であるフランスの記事をご覧ください^^

ドイツに来てからは日中は20度後半まで気温が上がる日が多く、ようやくTシャツで過ごせる季節が来て嬉しいです!

4カ国目はドイツ・ケルン/ミュンヘン

4/20からドイツに来ています。まずはケルンに入って、その次はミュンヘンに移動しました。

ケルンといえば、ケルン大聖堂!

ケルン大聖堂はケルン中央駅のすぐ前にあって、その周辺にレストランやお店が集まっているコンパクトな街、という印象でした。

そして、ドイツといえばビールですよね。ドイツ料理と一緒にケルンのビール、フリューをいただきました♪

そしてミュンヘンでは、パウラナーの黒を♪

もちろん、美味しいドイツ料理と一緒に。

ミュンヘンから足を伸ばして、観光に行きました。「天から降ってきた宝石」と呼ばれるほど天井画が美しいヴィース教会や、

シンデレラ城のモデルになったノイシュヴァイン城。

この写真は、お城の向かい側にかかっているマリエン橋から撮影しました。

あまり高所恐怖症ではないのですが、橋の上は写真を撮る人で激混み&橋がめちゃくちゃ揺れて怖かったので、この写真だけ撮ってすぐに戻りました笑

だまし絵で有名なかわいい街、フュッセン。

↑窓飾りやレンガは、実は絵なんです!

街のいたるところにクオリティの高いだまし絵があって楽しいです。

ドイツでのリモートワーク

ケルンでは、今回の旅で初めてユースホステルではなくホテルに泊まりました!

久々に1人になれてリラックスできた〜。やはり1人になれる空間は大事ですね。

ミュンヘンでは6人部屋のユースホステルに泊まりましたが、あまりベッドが埋まっておらずなかなか快適でした。

ケルンでもミュンヘンでもオンラインMTGをしたのですが、どちらもWi-fiの調子が悪かったのが印象的でした。

TrelloやSlack、Salesforceなどのオンラインツールは普通に使えますが、Google Hangoutが何回か途中で止まってしまうことがありました。たまたまだったのでしょうか?

今回は長期の滞在なのでWi-fiルーターは持ち歩いていませんが(高額になってしまうため)、数週間の滞在であればルーターを借りることも検討したほうがいいかもしれません。

ユースホステルやホテルのWi-fiは部屋の位置によっても接続状況が違ってきますし、現地に行って繋いでみないとわからないのが難点ですね。

ドイツのノマド事情

ミュンヘンで、ノマドに最高な場所を見つけてしまいました!!「Munich City Library」という図書館です^^

ミュンヘン中央駅から地下鉄で4駅目「Rosenheimer Platz」駅すぐのところにある「Gasteig」という複合文化施設の2階に入り口があります。

・誰でも入館できる
・自由に使えるデスクや席がたくさんある
・無料Wi-fiあり
・広くてきれいで静か!
という、ノマドにはなんとも嬉しい施設^^

↑前の席の人は、読書をしながらうたた寝していました。

最終日はほとんどこの図書館にいました。

ドイツでもいろんな観光地に行ったけど、この図書館が一番のヒットだったかもしれない笑

3週間海外リモートワークをしてみて思うこと

海外リモートワークを始めて、早いもので3週間がたちました。

最近「快適に働きながら暮らすためのポイント」が見えてきたなあと感じています。

私の場合は、今の所2つあります。
①宿泊場所が快適かどうか
②その土地の食が自分に合うか

①について具体的に話すと、
・熟睡できる環境
・仕事に集中できる静かな環境
・Wi-fiが強くてネットがさくさく動く
・2〜3日程度のショートステイでも、ミニキッチンが使えると◎
(最低限、ポットはほしい)

というかんじでしょうか。

正直、環境が良くない宿泊場所もありましたが、そういう経験をするからこそ「自分はこういう環境が良い!」「こういう環境だとパフォーマンスが上がる!」と自分の価値観がはっきりしたのは、良かったなと思っています。

②については、やはり私はお米かラーメンがほしいです笑 実はドイツで一番食べているのは、韓国料理だったりします笑

さて、次はオーストリアに移動します!

物価が高いと聞いているのでドキドキしていますが(笑)、美術館や老舗カフェなど楽しみな場所もたくさん^^

それでは、次回もお楽しみに♪

他の記事はこちらの画像をクリック!

この記事を書いた人

稲員未来
稲員未来

営業や事務職をへて、通勤に疑問を持ちPeach株式会社へ転職と共にリモートワークを始める。現在はPMのかたわら、ライターや翻訳などの仕事もしている。趣味は旅行と美味しいものを食べること。

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。