女性プロマネがリモートワークしながらヨーロッパ周遊に挑戦 スペイン編

¡Hola!(スペイン語で「こんにちは!」)

現在「海外リモートワークプロジェクト」というプロジェクトでヨーロッパを周遊中のみくです。

7カ国目のスペインにやってきました!(フランス→ベルギー→オランダ→ドイツ→オーストリア→イタリア→スペイン)

海外リモートワークプロジェクトについては、最初の滞在国であるフランスの記事をご覧ください^^

日本は蒸し暑い日が続いているようですが、スペインでもついに30度を超える日もでてきました。

ただ日本と違うのは、空気が乾燥していてカラッとした暑さなこと。日陰に入るとひやっとするくらいです。

日本は空気自体が暑いのに対して、こちらは陽の光が暑いんだなあと思いました。だんだん夏らしくなってきて、夏生まれとしては嬉しいです^^

7カ国目はスペイン・バルセロナ/マドリード

5/23からスペインに来ています。

まずはバルセロナへ。

バルセロナは太陽の光が強いせいか、街中の色が鮮やかに見えてステキな街です^^

いたるところに街路樹があるのも気持ちいいです。

街のあちこちにあるガウディの建築もすばらしい。

スペインに来た目的のひとつである、サグラダファミリアにも行けました!

本当にすばらしかった・・・。

今まで見た教会や大聖堂のなかで、ダントツに圧倒されました。滞在中2回見に行ったほどです。

お次はバルセロナからAVEという高速鉄道に乗ること3時間半、スペインの首都マドリードへ。

バルセロナに比べて高層の建物も多く、都会感があります。

マドリードに到着した6/1はたまたまサッカーの決勝戦が行われる日だったみたいで、街のあちこちで両チームのファンがめちゃくちゃ盛り上がってました(AVEに乗っている時に、隣の車両で何人か叫んでる人がいてびびっていたのですが、試合のためにマドリードに来たファン達が車内で応援歌を歌っていたのでした)

MTGに「チェックイン」を取り入れてみた

一応マネジメント職ですので、マネジメントについては日々勉強中なのですが、今回のMTGから「チェックイン」なるものを取り入れてみました。

皆さんは、チェックインってご存知でしょうか?

チェックインとは「参加者同士の気持ちの調整のために、話し合いのはじめに、全員が一言ずつ今の自分の状態、気持ちをなど自分のことを共有する時間をとる、という手法」のことだそうです。

チェックインをやる目的は3つあります。

  1. 今の状況を把握しあうことでお互いを気遣いやすくし、打ち合わせをやりやすくする
  2. 発言する意識をもってもらう、また自発的に発言しやすくする
  3. より良い関係性の組織を目指していくため

こちらのブログから説明をお借りしました)

現在個人的なプロジェクトとして日本や海外のリモートワーカーにインタビューをしているのですが、共通して出てくる課題のひとつが「リモートワークは感情の共有が難しい」ということ。

たしかに文字だけのやりとりだとどうしても機械的になってしまいがちですし細かいニュアンスがうまく伝わらなかったり、冗談として書いた文章がストレートに伝わってしまって嫌な思いをさせてしまったり(逆もしかり)・・・ということ、ありますよね。

このような側面を持つリモートワークには、特に一番目の目的である、「今の状況を把握しあうことでお互いを気遣いやすくし、打ち合わせをやりやすくする」という点が効果的なのではないか?と思ったのです。

別のソースでも「情報だけではなく、感情を共有できる組織は強い」という話を読んでなるほど!と思い、チェックインを試験的に取り入れてみることにしました。

今回は5人のMTGで取り入れてみたのですが、結果的には「今の状況を把握しあうことでお互いを気遣いやすくする」「より良い関係性の組織を目指す」という点で意味があったなと感じました。

美味しいものを食べて幸せを感じてるメンバーもいれば、蒸し暑くてイライラしてるというメンバーもいたりして(全く気候の違う場所にいる私としては、こういうことが知れるのもおもしろい)、各メンバーが今どんな気持ちなのかを知ることでお互いへの配慮が生まれやすくなるなと感じました。

また、リモートワークは孤独になりがちな働き方なので、チェックインによってメンバーとの繋がりをより強く感じられる効果もありました。

何より楽しかったです。結構盛り上がりました^^

しばらくは、継続して取り入れていこうと思っています。

無理せずリモートワークするコツ。頭を切り替えるには「空間」を切り替える

リモートワーカーのほとんどが共通して抱えている課題のひとつが「仕事とプライベートの切り替えが難しい、ともすると仕事しすぎてしまう」ことのようです。

私も日本にいる時からほぼ自宅作業派で(まわりに人がいる環境だとどうにも集中できない)、でもずーっと自宅にいると切り替えが難しいなあと感じています。

いつでもどこでも仕事できることの弊害として、仕事しすぎてしまったり、切り替えたいのにプライベートでもつい仕事のことを考えてしまう、といったことがありますよね。

常に仕事をしていたり、仕事のことを考えることが良くないというよりはAに集中したいのにBが頭をよぎってしまいがちなのが問題なのかなと。

仕事用の服に着替える、女性ならメイクをするなど、皆さん色々なことを試しているようです。

中でも複数の方が実践されていて、私自身も効果を感じているのが「空間を変えること」でした。

たとえば自宅に仕事用の部屋やスペースを整える、カフェに行く、仕事が煮詰まったらジムに行くなど。

私の場合は、まだまだ試行錯誤中ではありますが、たとえば執筆など手を動かす作業の時はホテルで、読書やアイデア出しはカフェでと空間を分けることで、頭の中がとっちらかることが少なくなったかなと思います。

ちなみに日本にいる時は、煮詰まったら夕方にランニングしてます。汗をかいてスッキリするし、おすすめです^^

さて、次はこの旅の最終目的地・ポルトガルに行きます!

実は今回訪れる8カ国の中で、一番未知の国なのです。

一体どんなところなのか・・・

次回もお楽しみに♪

これまでの記事はこちらの画像をクリック


この記事を書いた人

稲員未来
稲員未来

営業や事務職をへて、通勤に疑問を持ちPeach株式会社へ転職と共にリモートワークを始める。現在はPMのかたわら、ライターや翻訳などの仕事もしている。趣味は旅行と美味しいものを食べること。

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。