離れていても一緒に働ける!仮想オフィスツールRemotty

Remottyとは?

Remotty(リモティ)とは、株式会社ソニックガーデンが開発・提供する仮想オフィスツール。「離れていてもオフィスと同じコミュニケーション環境を実現。」というコンセプトの通り、web上に「オフィス」を構築し、リモートで働くメンバー同士が、物理的なオフィスにいるのと同じような感覚でコミュニケーションを取ることができるのが最大の特徴です。

Remottyについてはこちら

Remotty、誰がどうして作ったの?

Remottyを開発したのは、このラボのメンバーも所属する株式会社ソニックガーデン。ソニックガーデンでは、2016年にオフィスを撤廃し、社員全員がフルリモートで思い思いの場所で働いています。

リモートワークを採用する際に、まず課題となったのが、チームでの協働作業でした。同じオフィスにいないというだけで、チームワークの醸成が難しくなってしまうのです。リモートでもチームワークをしっかり発揮できるようにしたい、という思いからRemottyの開発は始まりました。

チームをチームらしく運営するには、情報の素早い共有やコミュニケーションの取りやすさ、何より雑談が必要不可欠だと考えました。チームワークの土台にあるのは人間関係ですが、お互いのことを知り合うためには、目的をもった会話だけでなく、仕事の中で生まれる雑談も重要だったと気が付きました。

そこで「Remotty」では、お互いの仕事中の顔や席にいるかどうかを可視化し、チーム内の何気ない会話が流れるタイムラインは、仕事の邪魔にならないような場所に配置するなど、気軽なコミュニケーションが自然と生まれるような機能を搭載。ただのチャットツールではなく、離れた場所にいるメンバーがどこからでも出社することのできる「仮想オフィス」となるべく開発されています。

Remottyでできること

① メンバーの顔が見える

Remottyにログインしている間は、2分間隔でカメラがメンバーの写真を自動撮影。画面上部にログインメンバーの顔写真がずらりと並びます。アイコンではなく、リアルタイムに撮影された「座席」の写真なので、在席しているかも一目でわかります。

② 周囲の「声」が聞こえる

画面右側には、チーム内でのやりとりがどんどん流れていく「タイムライン」が、物理的なオフィスにいる時のざわざわとした雰囲気を再現。自宅で孤独に作業をしていても、一緒に働いている連帯感が生まれます。

③ 「座席」に集まって自由に雑談ができる

画面上部の顔写真をクリックすれば、個人の「座席」に行き、個人的に話しかけることができます。形式的にはチャットに似ていますが、やりとりはタイムラインに流れていきますので、内容に興味を持った人がどんどん集まって自由に「雑談」することが可能です。

基本機能も充実

チームごとに掲示板を作成する、話題ごとにトピックを立てるなど、基本のコミュニケーション機能も備わっています。会議ツールとも連携していますので、ワンクリックですぐにweb会議を始めることも。社内コミュニケーションツールの枠を超え、「場所の制約のないオフィス」として、リモートチームの生産性向上をお手伝いします。

Remottyを使うメリット

① どこにいても気軽にメンバー同士でコミュニケーションが取れる

Remottyにログインすることは「出社」することと同義です。出社している人間の顔も、展開されている会話も、全て一目で確認することができます。物理的にいる場所がどこであっても「顔が見えて、気軽に声をかけあえる」オフィスの良さを可能な限り実現しています。

② 誰が何をやっているかがすぐにわかる

Remottyでは、ログインしているメンバーの顔を、一定時間ごとにパソコンのカメラが自動撮影して掲載している(アイコンに変えることも可能)ので、在席しているかどうかがすぐにわかります。また、掲示板内の会話は常にタイムラインに流れているので、誰がどのような議論を行なっているかもすぐに把握することができます。

③ リモートワーカーとオフィスワーカーの距離が近くなる

リモートワーカーとオフィスワーカーが混在しているチームでは、コミュニケーション不全や情報格差が生じてしまいがちです。チームのコミュニケーションをRemotty中心に構築すれば、メンバー全員がどこにいても同じ距離感で仕事をすることができます

Remotty、こんな会社も使ってます!

株式会社PIVOT様

リモートメンバーの誕生をきっかけに本格的にリモートワークを導入。それまではチャットツールを使ってのコミュニケーションが主体だったそうですが、雑談の面でつまずきを感じ、Remottyの導入に至りました。

Remottyを導入することによって、オフィスワーカーとリモートワーカーのコミュニケーションが目に見えてスムーズになったそうです。

https://www.remotty.net/cases/pivot

Remottyについてはこちら

リモートワークラボでは、リモートワークに関するご相談を随時受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。