先週の気になるリモートワーク関連ニュース(2020/4/14)

4月7日

政府の緊急事態宣言を受けて、続々と企業がテレワークを広げ始めています。各社の動きや、テレワークへの取り組みに関する記事も続々と掲載されています。

三井物産や花王など、大手企業も続々テレワークに踏み切っています。
緊急事態宣言 企業は出社禁止やテレワーク拡大の動き(NHK NEWS WEB)

NTT Comがテレワークを定着させた道筋について、解説しています。
「PCを持ち出せる」転換がテレワークの定着に–NTT Comの取り組み(ZDNet Japan)

2020年2月からテレワークを始めたソフトバンク社員のリアルな感想とちょっとしたノウハウを記録しています。
約2カ月間のテレワークで感じた3つの大事なこと。ソフトバンク社員のテレワーク日記

4月8日

大阪府堺市、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、出勤する職員を全体の8割以下に抑えると発表しました。
堺市、職員出勤を8割以下に テレワークや休暇取得で(日本経済新聞)

東京商工会議所の調べでは、東京都内の企業でのテレワーク実施率は26%。テレワークが難しい業種をどう支援するかが課題のようです。
都内企業のテレワーク実施率は26%、実施率を押し下げた業種と実施障壁、具体的な支援策は(キーマンズネット)

4月10日

埼玉県が、テレワークや時差出勤の導入を検討している県内企業に対し、アドバイザーとして、中小企業診断士や社会保険労務士を無料で派遣すると発表しました。
埼玉県、テレワーク導入支援 企業にアドバイザー無料派遣(産経新聞)

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。