リモートワークで新卒入社!?4つの備えで乗り切ろう

新卒入社、いきなりリモートワークになりそう…どうする?

新卒入社でいきなりリモートワークもありえる話です。

2020年に始まったコロナ禍はなかなか治まらず、リモートワークに切り替える企業も続々と増えています。新卒で内定をもらっているけど、もうリモートワークを視野に入れるよう告知されている・今のところは研修は出社でと言われているけど、この先どうなるかわからない…という方も多いのではないでしょうか。

誰もが最初は不安なリモートワークですが、少しの備えでスムーズに対応することができますよ。今回は最初の最初に準備しておくと安心な4点をご紹介。新生活の備えにぜひご参考に!

新卒からのリモートワーク、備えておきたいこと4つ

① テレビ会議ツールのダウンロードとテスト

テレビ会議ツールは重要なツールのひとつ

リモートで仕事をするのに欠かせないツールはいくつかありますが、web会議ツールは特に使用頻度が高いツールです。会社側からあらかじめ指定されたツールがあればそれを、そうでない場合は無料で使用できるツールをダウンロードして、一度テスト使用しておくことをおすすめします。

リモートワークラボで日常的に使用しているのはZoom。相手から指定されることも非常に多いツールです。無料の人気ツールは、他にWhereby、Google Meet、Skypeが有名ですね。ぜひご参考に。

② マイク付きイヤフォンの導入とテスト

マイク付きイヤフォンはきちんと動作するかテストしておく必要があります。

web会議に必ず使用するのがマイク付きイヤフォン。昨今のスマートフォンに標準で付属しているもので十分ですので、ぜひ一度使用しておいてください。耳に合っているか、長時間使用しても苦痛でないか、不良はないかなどチェックしておくと本番で慌てずに済むでしょう。マイク付きイヤフォンはリモートワークにおいて、大事な相棒になります。お気に入りを決めておくと作業効率も上がりますよ。

③ ワークスペースを整える

必要なものや好きなものを揃えておくとテンションも上がります。

働く環境はとても大切。必要なものにすぐ手が届く、快適なワークスペースを自宅内に確保しましょう。コンセントの位置、ライトの明るさ、デスクの広さや座り心地の良い椅子など、毎日のことを考えて調整してください。気分転換に外で仕事をすることも考えて、自宅周辺にwi-fiの飛んでいるカフェやコワーキングスペースなどを探しておくこともおすすめします。

④ 快適なネット環境

インターネットの速度はとても重要

スムーズに会議や仕事をこなすために、快適なネット環境は必須です。今ある環境が耐えうるものかしっかりチェックし、必要であれば契約を変更するようにしましょう。会社によってはある程度費用を負担してくれることもありますので、手当てやどこまで経費で落ちるかなどの確認もしておくと良いでしょう。

リモート入社は決して怖くない

きちんと備えておけばリモート入社も怖くありません。

右も左もわからないのに「リモートワークで!」と言われてしまったら、不安ですよね。でも最低限自分のフィールドをきちんと整えておけば、次に何をすればいいのか、何が必要になってくるのかもすぐに見えてきます。ご紹介した4つの点をしっかり準備して、コミュニケーションがスムーズに取れる土台を作っておいてください。疑問は臆することなく先輩や上司に聞くことも忘れずに。きっと充実した新生活が待っていますよ。

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。

リモートワークのための仮想オフィス「Remotty」