冬のリモートワークにおすすめ!あったかアイテム10選

冬のリモートワークはとにかく寒い!

冬のリモートワークはとにかく寒い!

冬、みなさまいかがお過ごしですか?

セントラル空調に守られむしろ暑いくらいだったオフィスと違って、自宅でのリモートワークは寒さとの戦い。特に家庭内に複数の在宅ワーカーが存在すると、暖房器具の取り合いになったり、お互いのオンライン会議中に気を使って極感の別室に移動…なんてことも起こり得ますよね。

快適なオフィスは自分自身で作り出さねばなりません。今回は寒い冬におすすめのアイテムをご紹介します!

冬のリモートワークにおすすめのあったかアイテム10選

1. パネルヒーター

1番冷える場所は足元。3方向から足元を包むように暖めてくれるパネルヒーターは、リーズナブルでとっても暖か。薄く折り畳めて場所を取らないところも魅力的です。

パネルヒーター
Amazonで見る

2. ホット足入れヒーター

インパクトのある見た目ですが、一度使ってしまったら手放せないと噂のホット足入れヒーター。つま先から腰までをすっぽり包んで暖めてくれます。洗濯機で洗えるんですよ。

ホット足入れヒーター
Amazonで見る

3. INKO USBヒーター

足元に敷いてよし、お尻に敷いてよし、膝の上に乗せてもよしの超薄型ヒーター。薄さは1mm、重さは105gという脅威のコンパクトさです。USB接続で電源が取れるので、パソコンと一緒に持ち運んでどこでも暖かく過ごせそうですね。

INKO USBヒーター
Amazonで見る

4. フットヒーター

足裏から直接身体を暖めてくれるのがフットヒーター。ヒーターの温風でデスクやチェアまで熱くなってしまうのが気になる方におすすめです。切り忘れ防止のオートオフタイマーも付いているんですよ。

フットヒーター
Amazonで見る

5. 卓上加湿器

暖房器具を使うと気になるのがお部屋の乾燥。乾燥は風邪の原因にもなりますので、加温と加湿はぜひセットでおこないたいものです。こちらは水を入れたペットボトルやマグカップに差すだけで超音波加湿してくれるというもの。USBで充電できますよ。

卓上加湿器
Amazonで見る

6. ハイブリッド加湿器

お部屋全体をしっかり加湿するならぜひ大型で。たくさん水が入るので、最長12時間の連続運転が可能です。省エネ設計で電気代も節約できますよ。

ハイブリッド加湿器
Amazonで見る

7. 着る毛布

最も原始的な防寒法「着込む」も推奨したいところ。着る毛布は毎年この時期話題ですね。乾燥や電気代への不安とも無縁です。膝までカバーしてくれる長い丈のものをおすすめします。

着る毛布
Amazonで見る

8.蓋付きタンブラー

暖かい飲み物は絶対に欠かせません。しかしこう寒いとすぐに冷え切ってしまうのが悩みどころ。蓋付きの保温タンブラーなら長い間淹れたての美味しさが楽しめます。夏は冷たく、冬は暖かく。ひとつ持っておくととっても便利ですよ。

蓋付きタンブラー
Amazonで見る

9. マグウォーマー

直接カップを温めて、飲み物の美味しさをキープしてくれるという画期的なアイテム。なんとスマートフォンをワイヤレス充電することもできるんです。ちゃんと防水にもなっているんですねえ。

マグウォーマー
Amazonで見る

10. デスクこたつ

夢のアイテム「専用こたつ」。これぞ究極、怖いものなしです。もちろん夏は、布団を取って天板を固定することができますので、普通のデスクとして使えます。

デスクこたつ
Amazonで見る

QOLを上げれば生産性も上がる!

QOLが非常に高い様子

リモートワークで大切なことはたくさんありますが、中でも自分の心地よいように環境を整えることはとても大事です。季節に合わせた適切な室温を保つことは、体調を整え健康に過ごすためにも絶対におすすめ。ちなみに筆者のワークスペースには、パネルヒーターとハイブリッド加湿器、保温タンブラーを完備。さらに着る毛布の導入を検討中です。

QOL(quality of life=生活の質)をあげることは生産性の向上にも確実に繋がります。快適なお部屋で快適なリモートワークを!

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。

リモートワークのための仮想オフィス「Remotty」