リアルとオンラインの融合を叶える!イベント開催プラットフォーム「イベントハブ」

イベントハブとは?

イベントハブは、イベント開始前の受付やチケット販売から、アンケートなどのイベント終了後の対応まで一貫管理が可能なイベントマネジメントツールです。単純なウェビナーツールとは一線を画し、さまざまな機能を利用できます。

イベントハブには、オンライン版もあります。そちらの「イベントハブ オンライン」はイベントハブの中の1サービスで、オンライン動画配信(ライブ・オンデマンド)をすることができます。アプリのインストールや、会員登録不要で使用できます。

イベントハブの特徴

イベント運営効率化の機能が充実

イベントハブでは、チケット販売、決済機能、セッション登録やアンケートなど、イベントに必須な機能が利用可能です。オフラインで開催するイベントの場合は、QRコードの受講票を発行したり、面談・イベント開催場所の予約管理をしたりできます。

イベント 運営

イベント参加者同士が交流できるマッチング機能

グループ掲示板やチャットなどの機能があり、同じイベントに参加する予定の人同士で交流が可能です。イベント開催前から名刺交換や打ち合わせの予約を設定することもできます。

交流

データの管理が容易にできる

チケットを購入したり、参加登録をした顧客データを登録時点から一元的に管理できます。視聴ログやメール開封履歴など、顧客の行動が見える化されているので、イベントの効果測定をしたり、分析をしたりするのが容易です。

データ 整理 管理

こんな時におすすめ

ブースを出展するイベント・ウェビナーを両方開催したい場合

オンライン・オフラインのイベントを融合させて開催したい場合には、イベントハブはぴったりのツールです。例えば、会場に来られる参加者はにはQRコード付きチケットを発行し、遠方の参加者はオンライン版で視聴しながら交流にも参加するなど併用が可能です。

転職フェアや商品展示会などをする場合

イベントハブでは、参加者同士の交流ができるチャットがあったり、主催者からお知らせを出すことができるなど、イベントハブ上でコミュニケーションを完結させることができます。また、参加者の行動傾向から分析した結果に基づく自動リコメンド機能や、主催者からのおすすめ機能もあるので、参加者が交流するメリットがあるイベントの場合は、適したツールと言えるでしょう。

まとめ

イベントハブは、オンラインのウェビナーに限らず、オフラインでのイベントを想定していたり、会場にパソコンを置いてオン・オフ融合イベントを開催する場合などにおすすめのツールです。また、参加者同士やイベント開催者・視聴者の交流、マッチングができることも、イベントハブの強みと言えそうです。

ご自身の状況にあったウェビナーアプリを選んで、イベントを成功させられると良いですね!

この記事を書いた人

須田 愛吏

2020年度の株式会社ソニックガーデン新卒社員。会社ホームページやリモートワークラボの更新、SNSの運営などを担当。フットワークが軽く、バックパックひとつでどこかに行くのが大好き。

リモートワークのための仮想オフィス「Remotty」