企業向けリモートテック カオスマップ 2022年最新版公開!〜先週の気になるリモートワーク関連ニュース(2022/3/14)

3月7日(月)

【東京】宿泊型テレワークによるBCP支援事業、3月7日から増枠(HotelBank)

東京都は、テレワークを実施しながら都内の宿泊施設に一定期間滞在する取り組みを支援する「社会と家族を守る宿泊型テレワークによるBCP支援事業」の利用可能な客室数を、3月7日から、1日あたり300室から400室に増室すると発表した。利用期間も3月31日まで延長する。

増設&期間延長。一泊2000円はお安いですね。個人事業主も対象ですって✨

【東京】宿泊型テレワークによるBCP支援事業、3月7日から増枠

東京都は、テレワークを実施しながら都内の宿泊施設に一定期間滞在する取り組みを支援する「社会と家族を守る宿泊型テレワークによるBCP支援事業」の利用可能な客室数を、3月7日から、1日あたり300室から400室に増室すると発表した。利用期間も3月31日まで延長する。

3月8日(火)

働く女性「テレワークの日はメイクはしない」45% 子どものいない女性のほうが割合高く(まいどなニュース)

全国のテレワークで働いている女性に聞いたところ、テレワークの日は約45%が「仕事の前の準備でメイクを省いている」ことが分かりました。

子どもがいると、突発的に外出しなければならないことがよくあるので、備えとしてメイクしておく人は多いでしょうね…。

働く女性「テレワークの日はメイクはしない」45% 子どものいない女性のほうが割合高く|まいどなニュース

テレワークの日にメイクをする?しない?(画像はイメージです)photoAC 全国のテレワークで働いている女性に聞いたところ、テレワークの日は約45%が「仕事の前の準備でメイクを省いている」ことが分かりました。ナリス化粧品が2022年...

3月9日(水)

「モニターアームが使えない!? ディスプレイの置き方を検証してみた」――急遽テレワークを導入した中小企業の顛末記(90)(INTERNET Watch)

私が勤めている新宿にある中小企業では現在、各スタッフがテレワークと出社を使い分けながら仕事をしている。その中で、今回はこれまで使っていたアーム型とは違う、新たなスタンドを自宅用に購入して、両者の使い勝手を比べてみた。

たしかに「くの字」アームは複数使いになると配置が難しいかもしれないですね。これは良い検証✨

「モニターアームが使えない!? ディスプレイの置き方を検証してみた」――急遽テレワークを導入した中小企業の顛末記(90)【急遽テレワーク導入!の顛末記】

 モニターを目線の高さに固定。さらに、iPhoneをZoomのカメラ代わりに使う時などに、ガジェットを空中固定できるアームスタンドが重宝している。最近では会社で仕事をすることも増えたので、これらのギアをオフィスに置いているが、今度は自宅で仕事をし...

3月10日(木)

【2022年最新】企業向けリモートテック カオスマップ 全657サービスを一挙公開 by SOKUDAN(ソクダン)(PRTIMES)

即戦力人材を最速で獲得できる複業マッチング『SOKUDAN(ソクダン)』を運営する、CAMELORS株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田根靖之)は、<リモートテック カオスマップ2022年度版>を作成・公開したことをお知らせします。昨年から30以上のサービスを追加・更新し、今回74カテゴリー、657のサービスにまとめました。

テレワーク関連サービス増えてきてますね! 当メディアも掲載いただいてます!

【2022年最新】企業向けリモートテック カオスマップ 全657サービスを一挙公開 by SOKUDAN(ソクダン)

CAMELORS株式会社のプレスリリース(2022年3月2日 11時00分) 2022年最新 企業向けリモートテック カオスマップ 全657サービスを一挙公開 by SOKUDAN(ソクダン)

3月11日(金)

テレワーク中にネコの相手ができない。罪悪感解消に役立つのはベストセラーのおもちゃだった(BUSINESS INSIDER)

筆者の家には、2歳のオスネコ(小虎)と3歳のメスネコ(豆虎)がいて、特にメスの方が甘えん坊で遊びたがり屋だ。遊んでもらえるまで鳴き続ける。オンライン会議中であろうとお構いなしなので、頭を悩ませていた。

そこで導入したのが、猫壱のストア限定ブランドであるnecoro(ネコロ) の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2(Amazon限定デザイン)」だ。

こ、これはすごいアイテム…。遊びたい盛りの猫ちゃんの相手とリモートワークを両立させなければならない方、必見🐱

テレワーク中にネコの相手ができない。罪悪感解消に役立つのはベストセラーのおもちゃだった

ネコの飼い主なら一度は購入を考える電動猫じゃらしおもちゃ「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」。家に馴染みやすいカラーが魅力のAmazon限定デザインver.を使ってみた様子をレビューします。

この記事を書いた人

土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。