オススメ機材

ここでは、リモートワークを実施する際に役立つオススメの機材を紹介しています。紹介している機材は、リモートワークラボ編集部で実際に使用しているものばかりです。
今回は、テレビ会議に最適な機材を紹介します。シンプルにお手持ちのコンピューターやスマートフォンからでもテレビ会議を始めることは可能ですが、会議をする人数や、場所、取引先との会議など、様々なシチュエーションにより機材を選ぶのも一つの対策です。
よりスムーズに、快適に、プロフェッショナルになど、それぞれの企業のニーズに合うような機材が見つかるかもしれません。

『テレビ会議用機材』
オススメ1)LOGICOOL BCC950

null

カメラ :★★
マイク :★★★(数m離れても問題なし)
スピーカー:★★★
価格 :★(約3万円)

集音性、カメラ画質ともに良く非常にクオリティが高い機材ですが、持ち運びが難しいので会議室などに常設するのがお勧めです。
USB接続でACアダプタが必要

オススメ2)サンワダイレクト 400-MC001

null

カメラ :ー
マイク :★★★(数m離れても問題なし)
スピーカー:ー
価格 :★★★(約9000円)

マイク感度がとても良く、単方向・全方向にスイッチングができるので、会議室以外の雑音が入る場所でも有効に使えるのが特徴です。
USB接続のみ(電源不要)

オススメ3)Jabra スピーカーホン SPEAK 410

null

カメラ :ー
マイク :★★
スピーカー:★★★
価格 :★★(約1.7万円)

マイク感度がやや弱めなので、狭い会議室などで皆が中央に集まって打ち合わせするケースに向いています。コンパクトで持ち運びに優れているので、取引先などでのテレビ会議に持ち込むのにも有効です。
USB接続のみ(電源不要)

オススメ4)iBUFFALO 120°広角ガラスレンズ BSW20KM11BK

null

カメラ :★★★
マイク :★
スピーカー:ー
価格 :★★★(約3000円)

近距離でも広角に全員が画角に入ることができる優れもの。加えて非常に魅力的な価格設定です。マイクもPC内臓のものよりは性能が高めです。
USB接続のみ(電源不要)

『オススメ機材のセッティング例』

1)会議室常設型 (リッチ)
マイク :LOGICOOL BCC950
スピーカー:LOGICOOL BCC950
カメラ :LOGICOOL BCC950

2)会議室常設型 ( リーズナブル)
マイク :サンワダイレクト 400-MC001
スピーカー:PCスピーカー or テレビ
カメラ :iBUFFALO 120°広角ガラスレンズ
3)移動重視型
マイク :Jabra スピーカーホン SPEAK 410
スピーカー:Jabra スピーカーホン SPEAK 410
カメラ :iBUFFALO 120°広角ガラスレンズ

4)2人がPCの前に隣り合って座る型
マイク :iBUFFALO 120°広角ガラスレンズ
スピーカー:PCスピーカー or テレビ
カメラ :iBUFFALO 120°広角ガラスレンズ

『ヘッドセット』
オススメ1)ゼンハイザーコミュニケーションズ ヘッドセット

null

対応機種:USBポートを装備した PC/AT互換機または Apple Macシリーズ
対応OS :Windows 98SE / XP / Vista / 7 / Mac OS X *32/64bit 対応

価格5,000円弱のヘッドセットです。両耳タイプなので耳への負担が少なく、長時間の利用でも快適です。

オススメ2)サンワサプライ MM-HSUSB13BKN

null

対応機種:USBポートに差せば、ドライバがインストールされすぐに使用可能
対応OS:Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / Mac OS X(10.0以降)/ Mac OS 9.2〜9.22
*64bit/32bit 対応

価格2,500円程のリーズナブルなヘッドセットです。音質やマイクの指向性(周りの音を拾わない)は全く問題ありませんが、片耳タイプなので会話中も周囲の音が聞こえ、耳への負荷が高めなのが難点です。

 

(文:佐々木久枝)