リモートワーク人気ツールはどれ?〜RWL内ツール使い方記事アクセスランキング発表!

リモートワークツール、みんな何を使ってるんだろう?

日々リモートワークラボにはたくさんのユーザーさんがアクセスしてきてくださいます。その中でもダントツで人気なのが「ツールやアプリの使い方記事」。せっかくなので人気順に並べてみましょう。世間ではどのツールが人気なのでしょうか? 機能比較表も参考にしてくださいね。

人気ツールはこれ!使い方記事もあります

1. Skype for Business

Skype for Business記事はRWL内のアクセス数首位です。

マイクロソフト「Office 365」の法人向けサービスの一部として提供されているweb会議ツール。スマートフォンアプリも完備されています。
「Office 365」のBusiness Premiumプランに含まれていますが、単体でも月額で契約することができます。

リモートワーク導入以前からMicrosoft社「Office」はあらゆるビジネスに欠かせない人気ソフトでした。その延長でSkypeを使用する人が多いということですね。関連記事、使い方記事はこちらからどうぞ。

2. Zoom

世界的に人気のZoom。web飲み会などにも頻繁に使われていますね。

高画質・高音質が特徴で、世界中から熱い支持を受けているのが「Zoom」。URL発行型なので、参加者のアクセスも簡単。リモートワークラボ内のweb会議でも頻繁に使用されています。

また、Zoomには「Zoomビデオウェビナー」という、多人数向けにセミナーを行うことができるツールもあります。リモートワークラボを運営する株式会社ソニックガーデンでは、オンライン納会に使用したりしていますよ。ご参考までに。

3. Microsoft Teams

2021年7月31日までにSkypeからTeamsに切り替えておきましょう。

Teamsに関連する記事も最近特にアクセス数が伸びています。1位でご紹介した「Skype for Business」がついに2021年7月31日にサービスの提供が終了し、後継ツールの「Teams」への移行が推奨されているのが主な理由ですね。

参考:Skype for Business Onlineの提供を2021年に終了

Microsoft Teamsについては、こちらに使い方と移行のガイド記事があります。

4. Slack

プログラマ界隈では大人気。ビジュアルも整理されていて使いやすいSlack。

みんな大好きSlack。リモートワークラボでインタビューする会社さんでも非常によく使われているツールです。会話やファイル等の過去ログの検索が簡単で、主にプログラマ界隈で人気を集めています。

機能比較表

Skype for Business(Office365)ZoomMicrosoft Teams(Office365)Slack
価格(1ユーザー)¥540〜/月¥1,679〜/月¥540〜/月¥850〜/月
無料版
参加可能人数100人まで(無料版)100人まで(無料版)100人まで(無料版)無制限
web会議機能
チャット機能
ファイル共有
マルチデバイス
他サービスとの連携Office365、Github、Trello、Facebook等Chromeエクステンション、Skype for Business相互運用性(有料版)Office365、Github、Trello、Facebook等Google Drive、Github、Zendesk、Asana等

迷ったら人気ツールから試してみよう

どんどん増えるwebコミュニケーションツール。迷ったらやっぱり人気者を使ってみて。

テレワークするにはチームをつなぐwebツールは必須です。人気のツールには理由があります。もしどのツールを使おうか迷っている方は、ぜひこのランキングを参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

アバター
土佐光見

リモートワーク研究所研究員・ライター。 webショップの企画運営、web制作、ディスクリプションライティングを経験し、フリーランスに。リモートで働く二児の母。趣味は読書、観劇、俳句。

リモートワークのための仮想オフィス「Remotty」