おすすめ!無料で使えるテレビ会議ツール4選【機能比較早見表付き】

(最終更新 2019/04/04)

リモートワークに欠かせないテレビ会議ツール。リモートワークラボが厳選し、これまでご紹介した記事をまとめました。

ツールの選定に困っている場合はぜひこちらをご参考に!

1. Zoom

高画質・高音質が特徴で、URL発行型のweb会議ツール「Zoom」の基本的な使い方を解説しています。

web会議ツール「Zoom」の使い方応用編。さらに便利な機能を解説します。

2. appear.in

アカウント登録のみ。web上で使えるweb会議ツール「appear.in」の登録から基本の使い方までを解説しています。

「appear.in」の便利な応用機能の解説編です。

3. Skype

老舗のトークアプリ。昔から使用している人も多いのではないでしょうか?個人向けの「Skype」は25人までのトークが可能。法人向けの「Skype for Business」は250人までの同時通話が可能で、Microsoft Office365と連携することができます。
「Skype for Business」について、Skypeとの違いについても言及した解説記事もありますよ。

4. Google Hangout

Googleアカウントがあればすぐに使えるトークアプリです。法人向けサービスとして「Google hangout meet」も公開され、2020年を目処にそちらへ移行となる予定だそうです。現在はまだ一般利用者向けの無料ツールとしてGoogle hangoutは機能しています。

無料で使えるテレビ会議ツール4選機能比較

Zoomappear.inSkypeGoogleハングアウト
参加可能人数100人4人25人150人
録画機能×(有料)×(有料)
画面共有機能
チャット機能
ミーティングの制限時間40分までなしなしなし

番外編

オンライン会議ツールからタスク管理ツールまで、リモートワークをする際に必要になりそうなツールを一挙にまとめています。「まず何から用意すればいい?」はこちらで解決!

↓↓↓ツール関係の記事の一覧が見られるのはこちら↓↓↓

https://www.remotework-labo.jp/category/tools/

Remote Work Laboではリモートワークを行なっている企業の記事を作成しています。
取材をご希望される方は以下のボタンより、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

メール通知

メールアドレスを登録しておけば、新しい記事が投稿された際にメールでお知らせします。